TOP > お知らせ(最新情報)TOP > 口腔健康管理(口腔ケア)によるコロナウイルス感染対策

お知らせ(最新情報)

口腔健康管理(口腔ケア)によるコロナウイルス感染対策

口腔ケアによるウイルス感染対策

口腔健康管理(口腔ケア)はウイルス感染への重要な対策です

ウイルスの感染は、鼻と口と目にウイルスが侵入することから起こります。特に口は面積も体積も大きく多量のウイルスの受け皿となります。インフルエンザウイルスやコロナウイルスの場合、口腔内細菌、特に歯周病菌の出す強力なタンパク分解酵素がウイルスを活性化してウイルスが粘膜細胞の中に感染することを促進します。したがって歯周病が進行して    お口が不潔だと、口に入ってきたウイルスの感染リスクが格段に上がります。口腔ケアによってお口を清潔にし、歯周病をコントロールして口腔の健康に保つことはウイルス感染の重要な対策です。

 

口腔健康管理(口腔ケア)は全身の免疫力の向上につながります

コロナウイルスに対して特効薬やワクチンもない現在、ウイルス感染への有効な対策として、体の免疫力を低下させないことが叫ばれています。特に小腸の周りには多くの免疫細胞が集中しており、腸内細菌のバランスが全身の免疫に密接にかかわっています。そのため、腸内細菌のバランスが崩れると、必ず免疫力の低下につながります。腸内細菌はご自身の口腔細菌と密接な関係があり、歯周病や放置された虫歯は口腔細菌のバランスを崩して、ひいては腸内細菌のバランスを崩して全身の免疫力が低下するリスクが高まります。

口腔ケアによって口腔細菌のバランスを良くすることは腸内細菌のバランスも良くして全身の免疫力向上につながります。

 

口腔健康管理(口腔ケア)は命に係る多くの基礎疾患の予防に繋がります

中高年になると誤嚥と言って、食べ物や唾液が気道に入ってしまうことがあります。お口が不潔だと、この時にたくさんの細菌が気管に入って肺にまで至り、誤嚥性肺炎という肺炎を起こしてしまいます。誤嚥性肺炎のリスクが高い方は、当然ウイルス性肺炎のリスクも高くなります。
 さらに、歯肉から侵入した歯周病菌が血流にのって全身を駆け巡り、体のあちこちに炎症を起こします。また、歯肉炎や歯周炎など口腔内の炎症により作られた炎症を起こす物質(炎症性物質)も血流にのって全身へとばらまかれます。その結果、体の免疫が乱されてウイルス感染による炎症症状が進みやすくなってしまいます。加えて体内に侵入した歯周病菌は血管の動脈硬化を進行させ、血栓が形成されます。そしてこれら炎症性物質や血栓はガンや糖尿病はじめ心筋梗塞や脳梗塞など基礎疾患の原因となります。新型コロナウイルス肺炎では基礎疾患がある人が重症化しやすいなどの報告がありました。口腔ケアは特に歯周病の重症化を防ぎこれら基礎疾患の予防につながります。

 

医療法人緑優会河瀨歯科医院

アスリート歯科

Pagetop