TOP > 分子整合医学TOP > ファスティング(酵素断食)

分子整合医学

ファスティング(酵素断食)

当院が推奨する分子整合医学の5つのポイントは次のとおりです。

体内のミネラルバランスを維持する
体内の脂肪酸バランスを維持する
抗酸化物質を十分に摂る
食物酵素を十分に摂る
歯と胃腸、肝臓、腎臓の健康状態を高める

この5つのポイントを守った生活をすれば病気にならず、病気を寄せ付けない体を作り、 さらには老若男女を問わず健康(肉体的、精神的、社会的に)で快適な生活を送れることでしょう。 これが、歯科のみならず全身の健康を考える、京都分子整合医学予防歯科研究所及び河瀨歯科医院が追及する永遠のテーマです。 しかしながら、現代社会は便利さや娯楽を多数生み出した反面、多くの弊害をもたらしたのも事実です。 ストレスや食品添加物、農薬をはじめ、水銀、カドミウム、ヒ素などの有害ミネラル、 またパソコン、携帯電話、ゲーム機器から発せられる電磁波など体内、体外を問わず生活環境は悪化しています。 この悪循環を断ち切り、一度歯と内臓をリセットして人間本来が持っている自然治癒能力を高め、 有害物質を解毒(デトックス)させてやり、また一から健康な体を作る。 そのために行うのがファスティング(酵素断食)です。

◆ファスティング 6つの効果 1. 病気を早く治す
ファスティング中は、食べ物を代謝するために費やされていた体内のエネルギーと酵素が、 免疫系と組織を再生するためのプロセスに回されます。 特に酵素は「消化酵素」と「代謝酵素」に二分されます。 この酵素は無尽蔵にあるわけではなく、一定量を「消化酵素」と「代謝酵素」に配分されています。 ファスティングはこの「消化酵素」を「代謝酵素」にまわすことになり、代謝が促進されます。 その結果弱くなっていた組織は再生し、病的な細胞が正常な細胞に戻るためのチャンスが生まれます。 歯科において唾液はアミラーゼという消化酵素でデンプンを分解する他、 数々の酵素によって口腔内の殺菌をはじめ免疫機能の向上、虫歯や歯周病の予防に大きな働きをしています。 ファスティングすると消化酵素が他の酵素に回るため、唾液の質の向上につながります。

2.歯や臓器を休ませる、働きすぎの歯や内臓をリフレッシュする
私たちは毎日3度の食事を毎日摂っています。 歯はこれら食べ物を噛み砕き、内臓は食べ物の消化を行っています。 不規則な食事や食べすぎ、農薬や食品添加物はこれら歯や内臓に余計な負担をかけています。 その結果慢性的なオーバーワークになって疲れきっています。 ファスティングはこれら歯や内臓に休息を与えます。 そしてリフレッシュされた歯や臓器は本来の働きを取り戻すようになります。 3.大腸をきれいにする、こびりついた宿便をきれいに取り除く 大腸は、食べ物の残りかすや老廃物が通過する最終コーナーです。 不規則な食事や過食、ストレスなどによって便秘がちになると、排泄物が固まっていわゆる宿便になります。 この宿便は大腸ガンや過敏性大腸症候群、痔の原因になる場合があります。 ファスティングは、宿便を取り除き大腸の健康を取り戻してくれます。

4.ダイエット効果
ファスティングは必要最小限のエネルギーを摂取して断食する方法ですから、当然ダイエット効果があります。 しかし、ファスティングの本来のダイエット効果はその後から現れます。 ファスティングは、代謝を活発にするために体内の脂肪が燃焼しやすくなり、適正な体重に戻してくれます。 また体も多くのカロリーを必要としない「エコな体」になるため、以前より少ない食事量で満腹感を感じるようになります。

5.毒物、有害物質を解毒(デトックス)する、汚染されたからだを元通りに蘇らせる
私達の体には農薬、食品添加物、有害金属など正常な代謝の妨げとなる有害物質が蔓延しており、 好むと好まないに係わらず、体内に蓄積されています。 これら有害物質は神経系、免疫系、内分泌系に悪影響を及ぼして、 認知症、自閉症、てんかん、アレルギー性疾患などの原因になります。 これら有害物質は脂肪(セルライト)に蓄積されやすく、ファスティングにより脂肪の代謝が促進されると自然に体外に排泄されます。 また肝臓、腎臓などの解毒を担当する内臓もリフレッシュして本来の働きを取り戻します。 また大気汚染や喫煙などで汚れた肺もきれいになります。 そして各細胞への酸素供給もスムーズになり、各細胞のエネルギーを生み出す力が強くなります。

6.感覚が鋭敏になる、食べ物の良し悪しがわかる
ファスティング後は、舌を覆っていた老廃物や化学物質のかすが取れて、食べ物の味がはっきりわかるようになります。 味覚だけでなく、視覚、聴覚、臭覚などの五感も研ぎ澄まされます。 また脳も活発になり、よいアイデアが浮かんだり、記憶力の向上など「身体的、精神的、社会的」な健康が取り戻せます。 注)このファスティングは正しい指導の下で行わないとかえって健康を損ねる恐れもあります。 院長河瀨はファスティングの提唱者杏林予防医学研究所の山田豊文所長から直接指導を受け、 同研究所のファスティング認定医です。

アスリート歯科

Pagetop